憧れの白い歯になれる審美歯科!そこで行われる治療について詳しく紹介

審美歯科は本当に歯を白くできるの?

美容ではお肌や髪の毛の問題も重要ですが、歯が白いとより見た目を綺麗にできます。

歯を白くできるのは審美歯科ですけど、本当に効果があるのか疑問に持つ方はいます。

歯が白くなるのはタバコやコーヒーなどの色が、歯に浸透して起こる問題です。

そのため歯についた色を取ることができれば、白い歯に戻すことができます。

審美歯科では色々な方法で歯を白くする事が可能で、自宅でできるタイプの治療法もあります。

更に歯の表面にセラミック製の被せ物をして、白い歯にできる方法は効果が高く人気です。

セラミックを使ったやり方は虫歯があった歯でも、綺麗にできるため問題のある歯にも使えます。

審美歯科は新しい治療法を常に開発しているので、最近は短期間でできる治療法もあります。

歯を白くできる治療法の特徴とは

審美歯科で利用できる方法は複数のものがあって、特徴を知っていれば選びやすくなります。

歯を白くするためには表面に被せ物をするか、歯に染み込んだ色素を取り除くことになります。

被せ物をする場合は治療で使った銀歯などを、一回取ってからセラミック製のものに替えます。

そうすると殆ど分からない形で白い歯にできるため、歯を白い状態に戻せます。

歯に染み込んだ色素を取り除く方法は、特別な液体に歯を浸して色素を取り出します。

色素を取り除く治療法は自宅でも可能なので、クリニックに通う時間のない方でも利用できます。

審美歯科は歯を白くできる便利なところですが、利用できる治療法には色々なものがあります。

治療をする時の料金は多少高いので、どれが良いか考えつつ選ぶことが大事です。

セレックは審美歯科治療システムです。3D光学カメラで治療箇所を撮影し、そのデータからコンピューター制御でセラミック製の修復物を作製します。そのため短時間で正確な治療が可能です。