医療脱毛やエステ脱毛の違いはどこにあるの?

医療脱毛は永久脱毛が出来る

医療脱毛はレーザー脱毛や絶縁針脱毛などの種類があります。

美容皮膚科や美容整形外科などの病院で行われている美容脱毛の多くはレーザー脱毛になりますが、レーザー脱毛は黒いメラニンに強く反応を示す反面、産毛や金髪などの色素が薄いムダ毛には反応が弱く、きれいに脱毛したい人などは絶縁針脱毛を併用するケースもあります。

絶縁針脱毛は毛穴に細い針を挿入し、針に微量の電流を流す事で、電気エネルギーが熱エネルギーに変換され、毛母細胞を破壊する作用を持ちます。

毛穴一つ一つに針を挿入しなければなりませんが、毛周期に関係なく脱毛の効果を得る事が出来る点やムダ毛の種類が問われないなどのメリットがある脱毛手法です。

脱毛サロンは光を使った方法で行います

脱毛サロンでは絶縁針やレーザー脱毛器の取り扱いが禁止されているので、光やワックスを使って美容脱毛を行っています。

光を使った脱毛は医療脱毛のレーザー脱毛と同じようなメカニズムでムダ毛を処理する事が出来ます。

但し、レーザー脱毛器と比較した場合、光出力が弱いため毛母細胞を破壊するまでには至りません。

毛母細胞は破壊されると永久脱毛になりますが、破壊出来るパワーを持つ脱毛器を使っていない事からも、脱毛サロンでは永久脱毛などの表現で広告を発信する事が出来ないのです。

しかしながら、脱毛サロンの脱毛施術にはムダ毛が生えにくくなる効果や毛穴に詰まっている汚れなどを取り除く効果を期待出来る事からも、脱毛サロンを利用する女性が多くいます。

全国的に増えている医療脱毛ですが、医療脱毛を千葉で受けることもできます。プランも豊富にありますのでニーズに合わせて選べます。